あなたの健康を考える西新宿ラボ

未病/健康測定/健康チェック/新宿/即日/予約/クレジットカード決済

電話:03-3368-0073

WEB予約Amebaブログ

次世代未病&健康測定「西新宿ラボ」HOME >> 未病&健康測定

未病&健康測定

次世代測定とは?

MRIや人間ドックでも捉えきれない細かな状態を把握

メタトロン細胞ナノセラピーという測定器を使って全身をスキャニング、6段階でその状態を評価します。全身800カ所の個別評価により「身体のどこのバランスが崩れているのか?」「どこが不調なのか?」を測定・チェックします。血液検査やMRIを超えた細胞レベルでの測定が可能です。

具体的には、血液検査では大分類、MRIが更に細かい小分類での状態がわかるとすると、メタトロン細胞ナノセラピーでは、それ以上の細かい分類にまで測定ができます。細胞レベルまでの分類に及ぶため、ピンポイントでの状態を把握することができます。例えば、今の医療では判別することが難しいと言われている「すい臓」や「胆のう」がどういう状態になっているのかも、測定することができます。

MRI・血液検査・メタトロン細胞ナノセラピーの比較表
MRI MRI検査(MRI=MagneticResonanceImaging:磁気共鳴画像診断装置)。強力な磁石でできた機器に身体ごと入り磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する。身につけている金属を外し、30分ほど横になって様々な方向からの身体の画像を撮影する。検査後、投影画像を診て診断を受ける。
血液検査 採血によって得た血液を利用して病状などを調べる。血液から得られる情報は非常に多く、1回の採血から数十項目にわたった測定をすることができる。検査後、数日から数週間経って検査結果がわかる。
メタトロン細胞ナノセラピー 着衣のまま装置をつけるだけで測定できる。低周波を利用しているので身体の負担や副作用がほとんどなく検査できる。全身約800カ所の分類から更に細胞レベルまで測定できる。測定しながらリアルタイムで状態を画面で把握し、思わしくないところにはその場で調整(ヒーリング)して体調を整える。
短時間で細胞レベルまでの状態を把握しヒーリング

さらに、身体の不調の原因となるアンバランスな部分があれば、そこを調整してバランスを整える機能もあります。細胞レベルでヒーリングするイメージです。バランスが整っていて健康状態かどうかは、6段階評価で判断し表示されます。評価のよくない部分に調整をかけると、よい段階まで戻すことが可能です。

これらの機能はパソコン画面でグラフィック表示されていきますので、ご自分の身体の状態、その評価、調整による変化が、リアルタイムで視覚的に分かりやすく把握することができます。

短時間で細胞レベルまでの状態を把握しヒーリングしてくれる、まさに未来の人間ドッグと呼べるのがメタトロン細胞ナノセラピーなのです。

ソ連が国策で開発した技術

メタトロン細胞ナノセラピーは、ロシア航空宇宙局が正式に採用導入しています。宇宙飛行士の任務中の健康管理に使用されているのが、このメタトロン細胞ナノセラピーなのです。宇宙飛行士が宇宙船に滞在している間、体調がわるくなっても病院にいけるわけではありませんし、医師から治療を受けられるわけではありません。そこで、医師の替わりとしてメタトロン細胞ナノセラピーを使用しています。未病として体調を細胞レベルで把握し、思わしくない箇所は調整したバランスを整えることで体調をよくして宇宙での任務を続けています。医師が帯同できない宇宙での健康管理には欠かせない健康管理のシステムがメタトロン細胞ナノセラピーです。

私たちは宇宙空間で生活しているわけではありませんが、同じシステムを使うことで健康管理を行うことができるのです。まさに宇宙局保証付きの未病&健康管理システムと言えます。また、アメリカFDAアメリカ食品医薬品局に認定されており、欧米では医療の現場で広く利用されています

開発:ウラジミール・ネステロフ博士

ロシア国民栄誉賞を受賞しているウラジミール・ネステロフ博士が技術開発しました。

<ウラジミール・ネステロフ博士>
1955年4月12日、旧ソヴィエト連邦(現ロシア)オムスク市生まれ。M・I・カリーニン記念国立オムスク医科大学卒業。専門分野は予防医学と保健医療管理。国際非線形診断システムアカデミー会長、医療技術科学アカデミー正会員、応用心理物理研究所(IPP)創立者、国際医学雑誌「NLS診断法の実践的側面」編集長、NLS診断用機器開発者。非線形診断法分野での100件以上の学術論文の執筆者。

健康測定できる仕組

量子物理学に基づく体内周波数測定

メタトロン細胞ナノセラピーは、量子物理学をもとにしています。体内にはそれぞれ適切な細胞レベルでの体の振動(体内周波数)があります。その各臓器が持つ体内周波数を測定することで、健康状態を測ります。体内周波数がズレている箇所は不調な部分として表示される仕組み(NLS非線形システム)です。

体内周波数がズレていない箇所は健康で自然治癒能力が高い状態といえます。しかし、食生活やストレスなど生活環境等によって体内周波数がズレてしまった場合には、不調の原因となりその箇所から病気になる可能性が高まります。目に見えない体内周波数による健康判断は、未病を防ぐ上で非常に役立ちます。

NLS非線形システム

測定した体内周波数により、各組織、細胞、ゲノム(遺伝子)情報などの特性変化を瞬時に計測して身体のコンディションをグラフ表示します。青は臓器から得た数値、赤はそれに対する正常値からの異常として、グフラフィック化されます。

体内周波数について

ノーベル賞を受賞し「量子論の父」とも呼ばれているドイツの物理学者マックス・プランク氏(Max Karl Ernst Ludwig Planck)は、「すべての物質は、固有の振動数を持つ」として「全ては振動であり、その影響である。現実に何の物質も存在しない。全ての物は、振動で構成されている」という言葉を残し、人間の身体の細胞ひとつ一つは振動していて、各臓器に固有の周波数があることがわかっています。

健康測定でわかること

あなたの身体の状態がわかる

全身約800箇所から、各臓器やさらに細かい部位に至り細胞レベルでの健康状態がわかります。コースによって、また現在の健康状態のヒヤリングによって、より測定する箇所を限定しますが、不調な部分があれば自動的にスキャニングして状態を表示します。病院に行っても原因が特定出来ない、検査しても特に問題がないが不調が治らない、どうして調子が悪いのか?わからない。現代社会において、私たちは多くのストレスを受けています。そのストレスが影響して不調となっている箇所がピンポイントでわかります。

あなたに合っていない食品、摂取すべき食品がわかる

周波数の測定からあなたが日常の食生活の中で「摂取しすぎていて控えた方がよい食品」と逆に「摂取を控えた方が良い食品」が把握できます。身体の不調が思わぬ食品からきていることも珍しくありません。あなたの身体に合った食品を知って適切な食生活をすることで健康に導きます。

あなたの身体の不調の原因となっている化学物質や鉱物がわかる

私たちは日々の生活の中で様々な化学物質に接して生活しています。食品保存料、合成着色料、化学繊維、殺虫剤、防腐剤、洗剤、化粧品、建築材など、もはや化学物質を無縁の生活は難しいレベルになっています。また、アクセサリーなど鉱物も身近に存在しています。周波数の測定から身体の不調に化学物質や鉱物が関係している場合には、何か関係しているか?がわかります。

身体を調整する機能

バランスが崩れている不調な箇所をハーモナイズ

メタトロン細胞ナノセラピーで測定した各箇所はそれぞれ6段階でその状態を評価します。評価が悪い場合には、その部分をピンポイントで調整することができます。具体的には、バランスが崩れているその周波数を正常値に戻るよう働きかけます。周波数の乱れを、共振共鳴させることで正常値へとハーモナイズさせます。周波数が正常値になりバランスが整うことで自然治癒力が高まり細胞は正常な働きをするようになります。結果、健康へと向かうことができます。

メタトロンとは?

私達の身体に流れているわずかな電流を周波数という数値で測る

私達の身体はただの肉の塊ではありません。60兆個以上の細胞からできあがっています。その一つひとつの細胞は、『分子』の集まりによってできていて、その『分子』は『原子』の集まりによって、さらにその『原子』は『量子』の集まりによってできています。その『量子』は別名『素粒子』とも呼ばれています。身体を作っている『分子』も『原子』も『素粒子』も全て常に動いています。そしてそれらは身体中で動きながらごくわずかな電流を発生させています。その電流は周波数という数値で測ることができます。

発病する以前の『未病』の状態を判定する技術

量子医学測定機メタトロンは、まず生活習慣の乱れやストレスによって歪んだ周波数の度合いを計測して、発病する以前の『未病』の状態を判定し、今後発病する傾向性の強弱を6段階のレベルに分けてモニタリングします。そしてあなたの身体がこれから先どうなろうとしているのかを、目に見える状態にしてあなた自身に認識させることができる技術です。それだけでなく、現代人に今最も欠けているとされている食の面からのアプローチと合わせて、自分自身の身体を癒すことができる自己治癒力と免疫力を高めていくことにつながる『調整』も、その場でできる技術です。

カウンセリング

述べ5,000人を超えるカウンセリング実績から導く健康

メタトロン細胞ナノセラピーでの測定結果と現状の身体の状態から、専任カウンセラーがあなたの状態を把握して、不調の原因や気をつけるべきことを説明します。西新宿ラボでは、述べ5,000人を超えるカウンセリング実績がある専任カウンセラーが、経験則から正確な状況判断のもと、生活改善の指導を行います。測定結果はあくまでデータでしかありません。西新宿ラボが測定結果から正しく健康に導けるのは、多くの方を指導して得られた改善例の経験値があるからです。

こんな人にオススメ

未病に、生活改善のきかっけに

メタトロン細胞ナノセラピーは、身体の不調があるときはもちろんですが、体調が悪くなくても未病のために測定・チェックを受けています。多くの方が測定結果とカウンセリングにより健康意識が高くなり、生活改善のきかっけとしています。

・未病を測定して健康をチェックしたい方
・健康チェックを気軽に受けたい方
・なんとなく不調なのが気になる方
・アレルギーで辛い方、なかなか症状が軽くならない方
・ダイエットがなかなか上手くいかない方
・湿疹で悩んでいる方
・アトピーで悩んでいる方
・自分の体質に合った食品を知りたい方
・血液検査を受けて気になる数値がある方
・病院に行ってもなかなか改善しない方

健康情報BLOG

ご予約

よくある質問

Q:支払方法は何があありますか?
Q:測定前に食事制限等はありますか?
Q:測定が出来ない人(条件)は?
Q:測定結果はどのようにわかりますか?
Q:副作用はありますか?
 などなど...
 →よくある質問はこちら 

機器販売

お問い合わせ

ページのトップへ戻る